20代の元不良ドライバー「回送」録。15,16年は1000万越え。17年は事故で保険金ウハウハ。18年まで散々暴れて引退。効率良く稼ぎ、効率悪く出会い系で。低脳ですので誤字脱字はあまりオナしません、

元年収1000万タクシードライバーのすべて

TOPRSS
トップ TAXIをやってみたい方へ
 次のページ

▼タクシーを辞めて残るもの &新規営業方法




とりあえず、辞めてみてわかったことは、


「テレビで映る都心の風景は一瞬でどこだかがわかる」


という感じです。

いまだに頭の中で抜け道考えちゃったり。


自分が辞める時に色々悩みましたが、一番きっかけになったのは、5年くらい前、2ちゃんねるのどこかのスレッドを見ていた時、名無しの書き込みの中に




651 名前:国道774号線

お前ら、タクシー辞めたって何も残らねえぞ、他人よりちょっと道が詳しいだけ。





という書き込みを見てしまったのが一番のきっかけだったのかもしれません。


自分としては、営業の仕方とか、接客の仕方とか、信じていた人からの裏切られ方とか非常に勉強になっていましたが、基本的に一般の方は第二、第三、もしくは最後の就職先。

色々経験してから来て、半分以上あきらめている人生の方が半数。


今思うと、あのどんよりとした雰囲気の中でよく頑張っていたなあ、と思います。



何も残らなかった?


そうかなぁ?










※たまにこのページはまともなことを書いているので、某有名番組も作っている放送作家様から直接お褒めの言葉をいただきました。

ありがとうございます。


随分昔ですが、宝島社は即答で御断りの言葉をいただいております。

本。出したら面白いですかね?







消すか?違法内容。

捕まるか?時効まで遠いし。


ちくられるか?ホモっ子に。










タクシーは100枚名刺渡して一枚来れば、儲けもの。

みたいな先輩方の教訓はありましたが、辞める最後の1年間は10枚以内で一枚位はお電話いただけていたかも?です。



ということで、業種は違いますが、仕事を取る方法として、名刺代わりに自分で考えたアイデアは、




パウチッコ


です。

とまぁ、前に書いたのは名刺のサイズがちょっとだけ長い奴、とか大昔に書いた記事が残っている気がしますが見つける気力なし。

いつまとめるんだ。この記事たち。




自分のタクシー日記ブログとかをQRコードにして名刺に入れちゃうとか、色々考える人もいるかもしれませんが(いないか)、いままで名刺を渡していただけでは全然だめな方っているわけですよね。



特に、長距離利用客は名刺をもらいなれているわけですし。


でも名刺に顔写真は微妙かも。

正直、そこまでいらないかな?と。


程よい加減(E加減)が大事なのですが、とりあえず手作りで作ってラミネートフィルム(本体3000円前後、フィルム名刺10枚分で20円くらい?)でつくるのは効果的なのではないかと思います。


・もらいなれた名刺の中からラミネートフィルムの名刺だけ硬くて捨てづらい。

・覚える

・渡すときは多くを語らず、裏面に詳細記載

・プライベートの家族とか趣味とか書くな

・あえて薄っぺらの紙にラミネートのほうが財布にそのまま入るかな?

と考えます。





ざっと適当に味気ないデザインを自分がいまから作ってみます。


期待しないでください。

当時の僕の名刺のデザインはバンドのリーダー(プロ並みのデザイン力)が作ってくれていました。







10分後、できました。手亀頭(てきとう)です。









こんな感じで作って、パウチッコすればよいかなと思います。


あえてオレンジとタクシーのフォントを間違えました。


・電話番号を大きく、酔っ払っていてもわかるように。


※後ろの面は薄い字にしておかないと、一般的には良い内容の文章ではないと思いますので。




ということで、自分では営業するなら(全然やっていないですが)A4のファイルを少し小さく切ってパウチッコの中にはそこの営業先の会社の名前まで記載してあるものを、作っています。


タイトル

◎◎株式会社様、自社で▼□をやらせてください!!


時は元禄、おれは元ROCK(genrock)、御社にある宝物庫のカギは通常では開くことのないものだが、うちなら開けられるぜよ。

金額も控えめなうん万円から、最高うん十万まで対応可能でござる。


〜〜〜〜と色々適当に〜〜〜〜〜〜〜


最後に、◎◎株式会社様の行われている事業の何何に付いて非常に共感する部分と先見の目を感じ、自社も一緒に応援させていただけたら幸い、と思いまして本日書類を持参させていただきました次第です。
ありがとうございました。


                敬具でなく馬具でもなくカジャグーグー

  



とまぁ、こんな感じで自分で考えてやってみたわけです。







相手からみれば、


「ここの会社は、わざわざうちの会社のためだけに書類を作ってきたのか」


と思うわけですね。




実際毎回文章を変えるてるのと、営業先の会社のデータを少しでも知っておく必要があるのですが、ここまで効果が出てくると、やはりタクシーの方にも効果的ではないかと思いますので。




はい、おしまい。





電話でアポの時点で営業を諦めるのも大事だったり、行ってみないとわからないこと、いっぱいありますね。

けど、やはり、タクシーのときに学んだ、


「その日の売り上げは捨てても、今日はあの場所で勝負する」


みたいな流れは人生で必要みたいです。




死ぬ(タクシーの売り上げが無く仕事が終わること)のを恐れて、安全牌だけを狙っていてもその日暮らしの普通の人で終わっちゃいますよ、ということなのですかね。


最近欲が少ない文章ですいません。ギラギラしていないですね。


今中のスローカーブみたいなのがすごくうらやましいです。。。



最近モテなくなりました。


▼今こそ夜勤タクシードライバーをはじめてみるもの良いかも。



ぎたーうるふのたくしーどらいばー



時は気が付けば10年たってるす。自分がタクシードライバーを始めた大学4年生の時から。



桜を見るたびに、思い出す、初めて見る、あの汚れきった大人たちの巣窟(笑)





現在では殆どの車にカーナビが付いており、道がわからない方でも最初からとりあえず目的地につけてしまうし、コラム4速シフトのマニュアルの車両は都内では殆ど存在せず、AT限定で免許を取れば、かなり楽に2種免許も取得できる良い時代に。






社会保険やらなにやら差し引いても手取りは45%から50%近くは行く業界ですし。




よく考えてみると、タクシー会社って、なかなか経営は大変だなあ、と思うばかりで。



・LPGガスは会社負担

・整備代は会社負担

・ナビ、他メーター機器やら全て会社負担

・車両は中古は高い

・事故やるとかなりの割合で会社負担

・違反が加算されると車両一台ずつ営業停止のペナルティ



などなど。


ようは運送会社とかもそうであるが、実際のところ、



「台数を増やさないとやっていけない」


という悪循環的なノリも考えられます。


台数が増やしているほど、あの会社、危ないんじゃねえ?とか思えるわけで。。



中には、


「運転手の歩合68%」

なんてすごい会社も存在していましたが、今もあるのでしょうかね?





随分業界から遠ざかっておりますが、仲間のドライバーは相変わらず稼いでおりました。


普通に顧客もおり、流し営業でもそこそこやれる、と。


5年前と比べると、売り上げは70%くらいまでしかないようですが。


いや、5年前はまだ自分もいましたが、異常すぎただけだと思うんですけどね。





今回は定番曲でしっとりと続きを。

モヒカンを久々にやってみようかな、と。
別に自分の会社なので誰に怒られるわけでもないので。。。





〜〜〜〜今こそタクシードライバーをはじめてみるもの良いかも。〜〜〜〜〜


相変わらず、世の中の「不況」という波に乗っかっておりまして、さすがにいつも時代に逆行しているTAXOも、経営に行き詰っておりますが、すぐ後ろにタクシー会社があるんですよねえ。ちぇっかー無線というのが(笑)

久々に乗ってみたいですね。気合の流しだけで月80万売り上げくらいはなんとかまだできるっしょ?いや、無理かな。。。

まだ30代前半ですし、ね。






結局ですが、朝から次の日の朝まで隔日勤務のドライバーは売り上げがた落ちですが、夜から出てきている人は、そこそこ景気がまだ良いのです。


なんでか?

と聞かれると、いろいろな理由が有りますが、18時間勤務と毎晩9時間勤務の違いは毎晩のドライバーのほうが



・体力が断然残っているので、割増時間帯に眠くならずに集中できる


・毎晩出ているので、夜遅くに遠く帰る顧客を捕まえることがきでる
高速道路で帰る利用客が増えると、あっという間に数字がまとまる


・出番は売り上げや、会社のひいきに関係なく平日に出れるので、体調管理がしやすく、精神的にも楽(夜の土日は売り上げが基本的に悪いので)


・一般的には金曜日の夜が一番タクシー利用客が多く、平均売り上げは高いが、夜勤になると逆に金曜日が悪かったりしても、他の平日の売り上げがよくなることが多い


・土日はゴルフの予約や、空港お迎えなどの単価の高い仕事だけをやって早めに仕事を上がる事も可能



・他の会社の夜勤仲間が増えてくると、毎晩出ているので自分の仕事が少ないときでも助けてもらったりして売り上げがまとまりやすくなる。

持ちつ持たれつ、という感じ。




等があげられますが、もう随分前にも書いてあると思いますが、記事がぐちゃぐちゃ順番で、なんだかいつまでたってもまとめる気にもならなく、思いついたら記事を書いて。




やっぱり夜勤(ナイト)でしょう。




人間が一日に6時間くらいは睡眠をとらないといかんわけですよ、本当のところ。


夜勤ですと、朝から夕方まで結構ゆっくり寝れるので、お日様には逆らっておりますが、体は楽です。


しかし、友達が減っていきます。


朝からの遊ぶ約束など出来なくなるので(汗)。



20代の大半をタクシードライバー費やしてしまった自分が言うので間違いないです。





しかし、一日20アクセスすらないページで、現在では検索にも殆どひっかからないのに、いつも見ていただいている皆様、有り難うございます。



まだ当分、いや、一生タクシードライバーには戻らないと決めておりますが、相変わらず会社の業種も副業みたいな事ばかりの人生を送っております。




人生いつでもどうに転がれるように自分が40歳までに色々試して失敗したり成功したりして、しっかり土台が出来上がると思いますので、そうしましたらタクシードライバーを引退したい方のための楽園でも作れればなぁ、と思っております。





タクシードライバーは命を削る仕事です。


どの仕事も大変かもしれませんが、悩んでいる方、お気軽にメールください。


一ヶ月に一回位しか見ていないですが、返事は必ずしております。


女性からのメールだとやけに早くなったりします。





あなたの本当にやりたい、と思った仕事はなんですか?



▼現金商売もいよいよ深刻に。






値下げ競争でお互いの首を絞める系で。



ということで打開策を、と現役を離れた自分に相談が。


はっきり言って、最近は普通に夜は眠れるようになり(辞めてから3年間くらいは夜が寝れなくて大変でした)、街の夜の状況、朝の状況もわからず、たまに繁華街で飲んだりすると、タクシー乗り場に空車の数がすごいなぁ、という位で全然わかっていません。


逆にローカルの駅の終電近くはタクシーはかなりはける時間帯もあるんだなぁ、と初めて知ったり。





ということで簡単にチェックシートでもあれば、と考える。




○か×かで。



・一日一回は乗せた事が無い場所で乗車したか?


・一週間に一回は客に名刺を渡したか?


・トップのドライバーで自力で流している人の日報を見ることが出来たか?


・付け待ちを少なくしたか?


・一時間で3000円以上稼いだ時間帯は多かったか?


・ミニスカートの女性客が降りるときに、ちゃんとパンティ覗いたか?


・食事は片寄っていないか?


・無線配車地図などで、主要顧客の会社所在地を確認しているか?


・並んでいればそのうち乗せられるだろう、と思っていないか?途中乗車の確立を計算しているか?


・付け待ち、無線配車、流しで乗ってくるチケット客の可能性を求められる場所は把握しているか?


・出会い系のメールを夜中に送らず、ちゃんと定形文を作っている時間にしたか?



・車内、服装は清潔にしているか?(新聞臭い車は個人的に嫌いです)


・流しても乗せられず、付け待ちするしかない状況にあったときに、この場所だったら、こことここ、この場所だったらこことこおとここ、が空いていなければここ、と決め打ちしていないか?




などと手亀頭(てきとう)に考えてみました。




とにかく、流しても全然乗せられず、効率の良い付け待ちをやって行くしか最近では厳しい、という。


それだったら一発勝負で時間のかかる付け待ち場所は顧客を作るドライバーのためにしかならず、効率よく流れる場所を数多く把握しなければならない。



オフィスの電気が消えたら降りてくる?などが見える場所も注目すべき。


正面ではなく、裏口から出てくる客が多いわけで、ただ闇雲に走っていてもだめですし、キメ打ちで裏口の出口のまん前にいたとしても逆に客は気持ち悪がって乗らなかったり・・・・



ということで少し手前で待機し、路地の十字路近くで何社か期待できる場所にいつつ、そこの裏口から出てきたら、慌てずに丁寧な運転で寄って行き、客が後ろを一瞬でも振り向いたら、車内の電気をつけて客に顔が見えるように「にっこり」と。



なんて、面倒のようではあるが、意外と効率的な方法で乗せた回数も数知らず。



ついでに、車が止めにくいような場所で狙うにはそれが持って来いのポイントでもあったり。



探偵の様に張り込み、獲物を捕らえる技術もあれば、さらに効率が上がるかと。



車のグレードでは個人タクシーに勝てません。


ブランド力でも勝てません。


接客で勝つ事はいくらでも出来ます。


顧客にならない人でも、毎日乗っている方はいます。


毎日同じ時間帯にタクシーで帰る方もいます。




新しい企業が引っ越してきて毎晩遅くに帰る人が多いオフィスも随時出てきます。


逆に引っ越してしまって大口の客が全然乗ってこないタクシー乗り場も出てきます。


つねにやり方が変えないと食べていけないタクシーの仕事。



そこそこで良いや、で帰ることが出来なくなるくらいに乗せることが難しくなっていく夜の営業。




それでも、弟子が勤務しているタクシー会社のトップは13出番顧客無しで100万円以上必ず売り上げてくるという。



とうじ流し(一般営業)だけで100万円以上やるドライバーは相当テンパッちゃった走り方をしている人間しか見ていなかったので、なんともいえない感じでしたが、現代でもいまだに100万円を超えるやりかた、というの非常に興味があります。

やはり他のドライバーとは違う「リズム」をもっているのではないかと?



と偉そうに書いてみたが、多分自分が流しだけでは現代では隔日勤務で5万円平均位しか出来ないような気がしてきました。

昼間さぼりますからね〜〜〜〜ぼくは。
12時間で2万円くらいしか出来なかったですから、当時の隔日勤務のときから。


自分が所属してた会社も、夜だけで5万円平均以上のドライバーも今は誰もいないそうです。


ちょっとやってみたくなってきました(笑)










なつかしの倒すメーター。

▼TAXI会社もつぶれたりしているらしい。



むちゃくちゃ速いですよ。



コンフォー って間違え方が渋い。

紺のFORD!?







NOBUTERU、えらそうに言うんじゃないわよ。






〜〜〜〜TAXI会社もつぶれているらしい〜〜〜〜


たまにうちのへなちょこ会社の狭い事務所に個人タクシーになった仲間が遊びに来る。


個人タクシー「最近法人でもつぶれる会社があるらしいぜ。」





聞いてみるとやはり運転手がどこも集まらないみたいだ。




稼働率60%なんてのもあるし、LPGガスも都内では100円を越える状況。








うちの会社の自動車販売部門でもLPGの過走行の中古は売れやすく、全国から問い合わせが来たり。

最近仕入れが高くなってきてもうやめようかと。


何気に一般の方が乗ることも多い。
近所にLPGスタンドがある人は通勤とかにも便利なようですね。




LPGを販売していると、タクシー業界のLPG車両の貿易、横流し、法人車両大量買取の都内では知っている人も多い会社の社長から直接連絡が来た。


ネットで売っているとばれてしまいました(笑)



闇親父「おう、おめえよう、どこの仕入れでそんなに高くってるんだ?ええ?俺がその金額の15万引きで買ってやる」




TAXO「意味わかんないすけど、あんただれ?」


闇親父「おれは○△の者だ」




TAXO「おお〜〜っ!!有名なあそこの社長さんですか!!全然業販で安く出しますよ。5万引きくらいですけど。」


闇親父「ふざけんじゃねえ、ばーろう、15万引きにしろ!!とりあえずうちの会社に来い!!」






久々に迷彩服の上下で安全靴を履いて、GIジョーばりの角刈りにキメて、いざ戦場へ。




到着すると声がピッタリのKOWAMOTEの親父♪




闇親父「そうかぁ、おめえさんもタクシーやっていたのかあ。今は厳しいぞ。」





TAXO「んあ?ぼくには関係ないでござるよ。」




闇親父、色々聞くとなかなか面白い話だが、昔話が膨らみすぎ。

絶対嘘でしょ、その話、的な内容で眠くなる。




ついでに禁煙家で、全然タバコが吸えないし。。。




一つわかったこと。


タクシー会社の経営者はクソが多い。

なので逆にしっかりしている管理職が多くてこの業界は成り立っている。


と。


そしてうちのLPGの車は20万近くの利益出して遠方の方に売れました。






しかし、稼働率はどの会社も低いのに90%以上の会社もあるようだ。

その会社のドライバーに聞いたら、


90%ドライバー「うちね、別になんにもいいことが無いよ。歩率もそんなに高く無いし、出番も土曜多いしね。けど13出番必ず用意してくれる。金の無いやつにとっては13出番無いと厳しいからね。」







ちなみに僕が所属していた会社、毎日60%位らしい。金曜日でも全部埋まらないんだって。




なのに繁華街はぎっしり空車だらけ。


たまに自家用車で繁華街を走ると慌てて当時の抜け道を走ってしまうTAXOでした。

▼最近の東京タクシー事情を個人タクシーの知人に聞いてみた

連休明けの渋さも過ぎ、いざ株主総会に向けて会社も忙しく、繁華街には人が溢れるかと思いきや、かなり厳しい状況のようです。



そもそもタクシーという仕事を大きく分けると、


・ひたすら走って客を探す「流し」



・無線といわれる、客の注文を受けて定められた場所に迎えに行く「無線営業」


・駅や、繁華街の出口や、並んで順番に乗ってもらう「付け待ち」


の3種類かと思います。





けど、あえてもう一つくわえると「電話営業」



なんども記載していますが、自分で客を持って予約を受けて、短時間で儲かる客を常に探し続けるのです。


それも夜に遠くに帰る客を。

都内から横浜の金沢区までですと高速で往復飛ばすと100分で2万円ほどになるわけで。

本牧、湾岸習志野辺りですと往復1時間で15000円近く見込めるわけで。



昼間の貸切などは、結局時間がかかりますので、トータル的に儲かっても疲れます。



ですので、とにかく疲れないで稼ぐ夜なのです。





しかし、客を持たないで流しでやられている現在個人タクシー5年目の方にインタビューをさせていただきました。

法人タクシー時代平均営収は月に120万円ほど。




その人「いや〜〜〜TAXOちゃん、最近はきついよ。」



TAXO「あなたのような天才がきついと言いますと?」



その人「銀座なんて、人が歩いていないのに、タクシーが満載でさあ。」




TAXO「じゃあ一般営業(流し)では相当やばい?先輩はどうなんですか?」


その人「いやあ、6万円がやっとだよ」




TAXO「月に120万円以上じゃないですか(笑)!!



その人「やっぱ地道に夕方から流しで稼いでいるからね、なんとかだよ。」



TAXO「昨日(月曜)はどうだったんですか?」



その人「え、昨日は・・・・10万」




結局、稼ぐ方法はいくらでもある、ということですね。

このドラマーは色々やりすぎて一般的には理解しにくくわかりませんが。ぼぢおちゃん。








普通の仕事は副業などやると、メインがおろそかになってしまうかもしれませんが、タクシーという仕事は、


・仕事中に遊びに行ったり

・寝ていたり

・グルメツアーに行けたり

・バンドの練習に行けたり

・ヤミ金の返済に行ったり

・怪しいブツの取引に行けたり


自由な時間が沢山あるのです。


年を重ねることに、一日というのが短くなってきます。


夜専門でドライバーをやると、毎日の出番になるため、昼間は完全に寝ないと行けなく、結局土曜日も出たりすると、日曜の夜だけが自分の時間、ということになりかねません。


けど稼げます。



通常勤務の朝8時から次の日の夜中2時までの勤務でしたら、勤務中に休憩もしていれば次の日は丸々休みという感じで、月に12勤務だとすると、18日も自分の時間があります。


現代のネットでのビジネスも兼ねて仕事中にノートパソコンで仕事をしていけば、タクシーの収入はそこそこでも、上手く行けば副業で収入を上回れる可能性もありますし、そういう面ではタクシーという仕事は良いと思います。



だれにも拘束されず、車内は自分の部屋。


ノートパソコンを100円で降りるまで使い放題、なんてやっていれば結構昼間の忙しい企業の方の移動には適しているかも。


毎出番のお食事代が浮くだけでもかなりの貯金だと思いますしね。

津で荷リアルタイムで渋滞情報も見れるし、携帯では限界のある情報も瞬時に確認できますしね。


てことで、タクシーで必死に走らないで稼ぎ続ける為の提案でしたが、デイトレーダー兼ドライバーがいましたが、あまりにもドライバーでの売り上げが悪く、解雇された人間も以前いました。


「俺は株だけで食っていける」


とステゼリフをはいた後に、大損したらしく、隣のタクシー会社で真面目に働いておりましたが・・・・
 次のページ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
★入札が多い★

☆ランダムに良さげな車☆(F5で色々見れます)