20代の元不良ドライバー「回送」録。15,16年は1000万越え。17年は事故で保険金ウハウハ。18年まで散々暴れて引退。効率良く稼ぎ、効率悪く出会い系で。低脳ですので誤字脱字はあまりオナしません、

元年収1000万タクシードライバーのすべて

TOPRSS
トップ 200601
 次のページ

▼大物風

運転手が、バックミラーで後ろの客の顔を見るのって、なんか嫌じゃないすか?

僕は客で乗ると、なんか嫌なんすよね。








珍しく、日曜に仕事に出たとき。


予約まで2時間くらい時間があり、日比谷の「定刻ほてる」にならんでみた。

日曜だと、ほんとに人がいない場所は全然いないが、10回に一回くらいはどんな時間帯でも定刻ホテルはロングがあったりしてます。


先頭で乗って来られたのは、ゴルフのファッションなんだか、近所の散歩の格好なんだか、ぱっとしないおっちゃん。


行き先は、東名の青葉で降りて、「こどもの国」の近くといわれた。


日曜の一般営業ではなかなかのロングなのでわくわくしながら進行。


でも、ほんとに金持ってんのかな?てな感じなんすよ。




でも話し方を聞いてるとなんか一般人とは雰囲気が違う。




TAXO「お客様、只者じゃありませんね?」



客が言われて気分が悪くなるわけでは無いセリフ。



客「只の隠居の身ですよ。」




あやしぃ・・・・




客「あなたの走り方を見ていますと、ただスピードを出しているのとは違うみたいですね。もしかして、次の予定があるのですか?」



TAXO「えっ、あっ、なんでですか?わかりますか?」


全部見抜かれてる。





客「大丈夫ですよ。急いでくださって。」




なんか、この人には何にもかなわない感じがした。そして、少し怖かった。

あの、ゆっくりとした話し方の中に、色んな意味が含まれている気がした。




TAXO「お客様、できれば、以前どんなお仕事をされていた会社か教えていただけないでしょうか?お客様は只者じゃない気がするんです。」



客「いえ、もう只の隠居ですから。」



粘るに粘った。そのうちぼそぼそと話し始めた。



客「人がやらないもの、やらないこと、ってのはビジネスにつながることは多いですよね。そのなかでも・・〜〜〜中略〜〜〜〜ですけど、私は○○○○○という会社で、こういうやり方をしたのですよ。」


あの会社ですか!?



TAXO「あそこにある会社ですよね?とっても有名な?」



客「もう只の隠居ですから、そんなに驚く事も無いですよ。自宅はまだあそこの近くですけどね。」




TAXO「すると、こどもの国の方へはお孫さんのに会いに行く用事、とかですか?それとも愛人だったり?」



客「・・・・・・」



やべ、怒っちゃったかな?ちょっと調子に乗りすぎた。




客「どちらも正解かもしれませんね。なかなか良い線ついてますよ、あなた。フフフ。」


タクシーやってなかったらこんな人には絶対会うことが出来ないすごい人だったと思います。

でも、名刺は渡さなかった。
なんとなく。



今日の高田の純じい



・「オレは普段、大きいおっぱいのことも考えるけど、小さいおっぱいのことも考えるよ」




▼苦情が来る前に

良い売り上げを持続するには、安定した精神状態を保たなければなりません。


外からタクシードライバーを見ていると、その人の精神状態が良くわかります。


僕はどうもスポーツ新聞などを読んでタクシー乗り場に並んでいるのが理解できません。

先頭近くになれば新聞を読むのもやめる人もいますが、並んでいる途中の表情も外の人は見ているのです。



でまあ、そんなのはどうでも良くて、今回は苦情が来そうな客を乗せた時の対処法。



いかにも苦情が来そうな場合や、「通報してやる」とか脅されたときの場合。


以前、あんまり治安のよく無い場所で乗せたりしてた時によく使ってました。



いきますよ。







TAXO「苦情言ってくれてもかまわないですけど、俺、今日の出番で退職だから、多分文句言っても意味無いですよ。」




です。

まず大丈夫。




応用編で、情を誘うとき。





いきますよ・・・






TAXO「すいませんでした。ですが今日の出番で私は解雇されてしまうのです。最後くらい、気持ちよく会社に帰りたかったです・・・(涙)」


はい、余裕です。演技派。






最終系。


あまりお勧めではありませんが・・・




イキますよ・・・





ベテラン運転手「苦情言ってもいいけど、今ここで、このネクタイ外したら、あんたは俺の客でも何でもねえから。





普通言うかよ・・・・










一番良いのは、料金の支払いのとき、10円でも安くすることです。


料金を全額払っていないので、客も言うに言えない場合が出てきますので。



ということで、このページをご覧になっている一般の読者様は、変な値引きに気をつけてください。


全額ちゃんと払って領収書をもらわないことには、会社も受け付けないことがほとんどですから。





今日の純ちゃん


(クレヨンしんちゃん の話題にて)
 「え?クレヨンちんちゃん!?

  知ってるけど、友達じゃないよ」

▼会ったはいいが・・・

仕事中に営業車で遊びに行ってしまうなんてしょっちゅうだが、必ず都心にいるのです。
遊んでいてもいつなるかわからない携帯電話をチェックしながら。

そんなお話です。


とってもメジャーな「ごきんぢょさんを探せ」ってので、登録だけしてほったらかしてたんですが、女性からメールが来ました。
あれはたま〜〜に相手から来ます。


「メールしませんか」


たったこれだけの文章。


しかし驚く事に、同じ田舎、共通の知人・・・・

メールもさくさく進み、仕事中に日比谷近くで会うことに。


夕方6時前に会社を「回送」で出て、わくわくしながら向かう。。


その女「わぁ!本当にタクシーできたのぉ!!」


よくよく聞いたら、高校の時にやってたセパタクロー部のライバル高のエースの妹だった・・・



さすがにあいつを「お義兄(にい)さん」とは呼びたくなかったので、もう会うのやめようとしたら、あちらから

「なんかさっきから携帯ばっかりみててつまんない、帰る。」


とむなしいお言葉をいただきました。


頭にきて走りまくって、その夜は8万くらいやりました・・・


鯉って難しい・・・

▼好きな先輩

平均年齢50歳以上の業界タクシードライバー。

仕事は全然やらないんだけど、大好きなおっさんがいます。

名前は「いるかに乗った少年(自称)」


マンションのオーナーで2棟持ってる人で道楽でタクシーやってる。



結構でかいマンションだった、見に行った。


毎月100万円の家賃収入。うらやましい・・・・


1出番の売り上げの平均は、5万円ちょっと。



子供は二人で、長男は893だがW大卒業。

次男はK大だが、こちらもチンピラ気味。



いるかじじい「あいつらも指無くなったらタクシーやらせるんだ。その前に競売物件を893の時に押さえてノウハウ覚えて、自分の物にさせちまう。」



あっ・・・・


そういうやり方で2棟のオーナーなのですか・・・・・



いるかじじい「TAXO、俺みたいな楽しんでるドライバーもいるって事を、こんぴーたーで書いといて。取材は受けねえけど。」



と取材してきました。



仕事中に使った飯代、高速代、とか全部、大家としての経費でマイナスにするんだと。


で、しょっちゅうゴミ箱から他のドライバーの高速のレシート集めてる。


でも、それ、ETCのレシートだし、車両の番号違うよ・・・・?



いるかじじい「落とす。」



口数が少ないじじい、結構好きです。
なんだかかわいがってくれますが、おごってくれた事は一度もありません・・・


今日の高田純次の一言

「オレが初めて出た映画は『ジレンマン』っていうんだけど、名作なのに最後はベンガルくんが海でウンコをして終わるんだ」

▼「ながし」はじめました

結局まじめにこつこつ走っている人は、安定した売り上げが。


大物(長距離)だけを狙っている人は給料日に痛い目を。


しかし走りっぱなしだと体が持たない。


ましてや毎晩だと、疲れちゃう。

なので、僕は顧客を増やして、高速に乗って帰る客だけを乗せ続けられるよう
に努力しています。


最近の主流として、たまたま乗ってくれていい感じの人にはすぐ名刺を渡してしまうことがあります。


距離は関係無い。



本人が近場の人の場合、気を使って、ロングの上司とか、遠くに帰る仲間を紹介してくれるイカした人もいる。


接待や、上司と酒を飲んだ後、上司のための車を用意するのは当然の事。


その辺のタクシーに乗せる位だったら、接客がしっかりしたまともなドライバーに乗せて帰してあげたい。


一人いますが、その人は近いんだけど、上司と一緒に乗って、絶対先に上司を送る。で、その後、自分が都心に戻るようして帰ってくれる。



上司だけだと13000円なのだが、その近場の顧客のおかげで戻りが7000円。
往復1時間で2万円出来る上に、すでに都心にいるので、次の仕事が間に合う。


それも13000円で一回メーターを切って、また入れなおすので、9000円以上からの遠距離割引分も得する。



いやぁ、この人は出世するよ、うん。

僕と、仲間たちにとってこの人はアイドルです。


3万円の客よりも嬉しいです。

でも4月に転勤らしい・・・・


今日の高田純次の一言


・「中学の時、先生に『早稲田と慶応を受験する』って言ったら、『ナメんじゃねェ〜!』って言われたよ」

 次のページ
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
★入札が多い★

☆ランダムに良さげな車☆(F5で色々見れます)