20代の元不良ドライバー「回送」録。15,16年は1000万越え。17年は事故で保険金ウハウハ。18年まで散々暴れて引退。効率良く稼ぎ、効率悪く出会い系で。低脳ですので誤字脱字はあまりオナしません、

元年収1000万タクシードライバーのすべて

TOPRSS
トップ 200702
 

▼最後の記事 もう書かなくていいっしょ。

RC succession live 1976 "Maboroshi"



ぼくの理解者は 行ってしまった
もう ずいぶんまえの 忘れそうな事さ
あとは だれも わかってはくれない
ずいぶん ずいぶん ずいぶん長い間
ひとりにされています

だれか友達を あたえて下さい
何度も 裏切られたり 失望させられたまま のぼくに
そしたら ぼくの 部屋にいっしょに連れて 帰る
幾晩も 幾晩も 幾晩もの間
枕を濡らしました

ぼくの心は 傷つきやすいのさ
ぼくは 裸足で 歩いて部屋に戻る
だから 早く 近くに来て下さい
いつだって いつだって 昼も夜もわからず
まぼろしに追われています








<ヒッピーに捧ぐ>


お別れは 突然やってきて すぐに済んでしまった
いつものような なにげない朝は
知らん顔して僕を起こした
電車は動き出した 豚どもを乗せて 僕を乗せて

次の駅で 僕は降りてしまった 30分泣いた
涙を拭いて 電車に乗り込んだ
遅刻してホールについた
僕らは歌い出した
君に聞こえるように 声を張り上げて

空を引き裂いて 君がやって来て
僕らを救ってくれると言った

検屍官と 市役所は君が 死んだなんて言うのさ
明日また 楽屋で会おう
新しいギターを見せてあげる





RC succession 1976.12.01 Slow Ballad







読者の皆様ありがとうございました。

もう飽きたのでこちらは終わりです。

もうタクシーも辞めちゃったので、現役の人に偉そうなことを言える立場ではありません。


僕の話はもう昔話なのです。

 

時代は常に変化し続けています。

その流れに上手く対応しなくてもそこそこ食っていけるタクシー。


しかしある一定以上はどうやっても普通に走っているだけでは不可能。



私は業界における裏技系、犯罪系、違反系、テンパッちゃってる系など、あらゆる仕事を体験することが出来ました。

泥酔でどうしようもないお客さんをぶん殴ったら自分の手が突き指ですごく痛かったこともあります。


けど、悪いことをやって稼いだ金はお金ではなく、残らないものだと思いました。


金に忙しい業界でしたので、行方不明や自殺も何度も目の当たりに。




今でもやればそこそこは出来ると思います。辞めてもう1年以上経ちますが、まだたまに携帯に注文が来ていることがありますし、仲間のドライバーが引き継いでくれているお客様もいるからです。


流しだけでは100万円程度の売り上げがてんぱらないでできる数字の限界だと思います。そんなこともどうでも良くなってますが。



結局自分の性格は、熱しやすく冷めやすい、短集中型の人間です。
その人間が22歳から6年以上も出来たというのは、なかなか面白い業界だったのだからだと思います。





くだらない文章なのに、どうもありがとうございました。
ほんと半分以上遊びの仕事で20代を終えてしまいました。

もう2度と戻ることの無い「タクシードライバー」という仕事は人生の中で貴重な体験になりました。




現在は株式会社を作りました。


遊びのような会社です。
少しづつですが進んでいます。

無借金で作りましたが、自分の貯金が無くなってしまいました。


請求書すら書いたことの無い人生だったので、事務系の難しさを知りました。
会社は社長より、事務の人のほうが偉いとおもいました。


営業という職種が偉いわけでもない、ということも良くわかりました。



こんどはこっちの世界で面白い遊びを見つけたいと思います。




とりあえず、しばらくは読みやすいように、ジャンル分けをするためにログインしようかと思います。




何かあったらメールでもください。あの記事は消せよ、とか。
読んでムカついている奴らも多いんだろうから、さ。
vat69beck@yahoo.co.jp


▼顧客つなぎの工夫 女性ドライバー

りーろすの「ぢゃんぷ」

2分30秒あたりから大変なことになっておりまして、思わず吹き出してしまいました。

年をとったなりに工夫は出来る、てことで。



〜顧客つなぎの工夫〜

お客さんの電話って急に来なくなることがあります。
よくあることですが、基本的に配車した自分の責任です。

すぐ帰りたいのに20分も待たせて乗せてみたが、その次からは来なくなるならば、たまには断わることも必要だったり。


契約書を交わしているわけでもないし、全ての主導権は乗客ですので、しょうがないです。


仲間のミスをフォローできないのはこっちの責任。

自分でミスったこともあります。仲間の仕事を頼まれて、乗せた客は、以前こっちで名刺を渡して電話をくれなかった客。
接客どうこうよりもあっちが気まずくなって、仲間にも電話してくれなくなってしまった・・・




こっちにとっては、信頼できる仲間も、客にとっては相性が悪い場合もあり、逆に仲間の中では怠け者でも、その客に限り相性が良い場合もありますので、一番難しい部分です。




・あと2万円やらないと給料がヤバイ 優先的に仕事を回せ


・この前朝方のロングの客お前が行けたんだから、今度は俺


・今月お前は出来てるんだから、もうやらないで配車に専念しなさい





とか、今となってはどうでも良い笑い話ですが、配車順てのを考えます。
緊急の複数配車台数口などが重なるとパニックになってしまうこともありますので、ある程度、この客にはこのドライバーが優先、このドライバーはあの客はダメ、と、仲間の気に障らないようにやらないといかんのです。


そうしながら常に新規開拓をしていかないと、客がいなくなってしまうのです。

仲間の仕事をあてにして売り上げが伸びていても、実力では無い気がして、達成感が無く。



もちろん、自分で行ける客が電話があったとしても場合によっては、行かないでその客が気にっている仲間に頼んで、新規開拓したりすることも。


そこで出てくるのが、最高のつなぎ、女性ドライバー。



女性ドライバーの実力、接客、運転は気にしない。


あの子が来てくれるんだったら何分でも待ってやる、なんてお客様の素敵なお言葉も。


顔はどうでも良い。


疲れてタクシーで帰る時に女性ドライバーからのやさしい一言「お疲れ様です♪」だけで、ずいぶん気分良く帰ってくれるみたい。



何社かの女性ドライバーの方、あの時はありがとうございました。
私は今、風呂無しの物件の洗面所で一生懸命体を洗っております・・・




ですけど、以前、出会い系で、本州を遠く離れた女性タクシードライバーと出会い系サイトでメールのやり取りをしていた時期があります。

あちらから連絡が来なくなって終わってしまいましたが。
こっちも不満だらけの文章を読むのは辛かったです。



人間不信、男性ドライバーからの嫌がらせ、顧客営業妨害、多くの男性ドライバーからの告白?とか、色々大変だったようです。




会社によっては、毎日の売り上げをみんなにわかるようにしている所も多いですが、この業界の営業は競争意識で頑張る人よりも、嫌がらせをする人のほうが多いので、やらない会社の方が良さそうです。



やればやったで、嫌な思い。

やらなければやらないで、悪いドライバー達の仲間の一員に。



悪循環から脱出できるよう皆様の幸せなドライバー人生を心から願っております。

▼チップ王を目指せ



熊になりたくなりました。
  

〜チップ王を目指せ〜

一応、僕の弟子(年齢は15歳くらい↑)がいまだに頑張っている。

顧客ゼロで、流し営業一本。


本当に真面目。


自分のスタイルを貫く。


毎月手取りは軽く40万は超える。


色々やった結果、一般的にロングが狙える良い時間だけ銀座でやって、後は渋谷や赤坂が多いみたい。




真面目な人間性が客に伝わると同時に、最近はベテランの域に近づいてきたため、接客も穏やかでスムーズ。


一度客で乗ってみたが、あの高速での緩やかな後部座席の客が落ち着いて乗っていられる運転は相当なもの。




弟子「TAXOがさぁ、昔チップを貯めていて家族で海外に行くドライバーの話をしてたろ?」



TAXO「おうよ。僕は白紙のチケットに悪い金額ばかり書いていましたけどね。他の会社のドライバーに納金させたり。」



弟子「オレも会社移ってから客にもらったチップを貯め始めたんだよ。もう6ヶ月くらい」



TAXO「ほほう。。で、どのくらい貯まったのですか?



弟子「う〜〜ん、まだ10万くらいかな?」






TAXO「10万かよ!!





弟子「また仕事のレコーディングで使うビンテージエフェクター買っちゃいそう(笑)」




TAXO「TAXIやって良かったねえ。」




弟子「なんたって師匠が破天荒だからな。法律ギリギリボーイズだからよ。あ、法律破りまくりだな。おかげで真面目になったよ」


真面目に生きていると、良い事があるみたいですよ。。。

▼テレビゲーム元年世代の仕事のとらえ方


何事もやりすぎは良くないです。








最近のクソガキに昔のゲームをやらせたら、携帯カメラで復活の呪文の画面をパシャリとやりやがったそうです・・・。



クソガキ「なにこれ?書くのめんどくせ〜〜〜」


だそうです。












そんなこんなで、ゲームセンターには無い、RPG(ロリコンペニスギャング)てのが出てきて、みんなドラクエとかだったので、みんなと同じが嫌いな僕はこのゲームをやり始めました。

持っている人がいないので、全然盛り上がりませんでしたが。



そうです、ホワイトライオン伝説です。

クリアした時のあの達成感の無さはいまだに忘れません。




〜テレビゲーム元年世代の仕事のとらえ方〜



そもそもタクシーをやりたかったのではなく、20代の若造がやらない仕事で、出来高制の手っ取り早く儲けられる仕事を探していたらたまたまタクシーだったのですが、まさにロールプレイングゲーム。



23区と武蔵野市三鷹市を自由に駆け回り、アイテム(現金)を集め、ローカルの駅のタクシー乗り場に並べば、地元の敵(同業者)がこちらをにらみつけ。




レベルが上がれば(地理を覚えれば)、また新たなる町へ旅をし。



地下(車寄せ)でアイテム集めたり、塔(ビル)攻めたり。



呪文(携帯電話)を使って、遠くの仲間を遠隔操作(配車)。



パルプンテの呪文を唱えると、仲間同士で大喧嘩。



会社近くの宿屋(居酒屋)はギャンブルも行われるコロシアム(闘技場)。



ルーラ(高速道路)を使って、急いで霞ヶ関に戻り、顧客営業禁止のグループ契約の顧客をまた見つけ仲間にして、どんどん勢力図を広げて(あれ、内容が変わってきた)。



最後を締めくくるラスボスは、僕のインチキチケットを疑う管理職(お中元で一撃必殺)。






てことで、最初から最後まで遊びのような仕事でした。

いや、あれはゲームです。



ハイスコアを叩き出すのは面白いし、快感です。
でももうあきましたのでやらないですけど。



プログレッシブロックの大曲みたいに、わざと起承転結つけるような一日の仕事内容を狙って失敗したり・・・




スティーブハケットの時のTALK TO THE WINDが聴きたかったんですけどね。






お化粧前のピーガブ(わからないようなのばかりですいません)
座っている人が同じギター、初代ライトハンド奏者。


ドラムはなんとまだ髪があるフィルコリンズ左利き。



 
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
★入札が多い★

☆ランダムに良さげな車☆(F5で色々見れます)