20代の元不良ドライバー「回送」録。15,16年は1000万越え。17年は事故で保険金ウハウハ。18年まで散々暴れて引退。効率良く稼ぎ、効率悪く出会い系で。低脳ですので誤字脱字はあまりオナしません、

元年収1000万タクシードライバーのすべて

TOPRSS
トップ 200704
 

▼接客業だってのわかってる?

結局こういうところに落ち着きます。ベースもドラムも死んじゃったけど



社員なのに固定給じゃない異業種。



最近特に思うのは、夜の世界で働く女性の漫画。

つうか、倉科遼ばっかり読んでいると内容がかぶってしまうが・・・・


銀座の街の話が多いのでついつい読んでしまう。



ホステスとドライバーの共通点はかなり多く、逆に自分に足りないものをホステスの話から得られることも多い。



逆に、金ばかり目当てでどうしようもない女性がいるのも、タクシー業界に似ている。


嘘を信じてだまされて、結局ヤレなかったのは男の負け。



逆にだましてお風呂(YOSHIWARA)に沈めるのも良い副収入?



そんな駆け引きを男と女は楽しむわけだが、タクシーは圧倒的に男性の客を虜にしなければならない。

男同士のあれですわ。




「また遊びに来て下さいね」



「また会いたいな♪」

なんてメールの文章を替えるだけでも、相手に伝わる内容は変わってくるとホステスは言う。





とにかくドライバーで生き延びていくためには客を作るべきだ。


自分が行けないときは、最高のヘルプ(信頼できる仲間のドライバー)を着ける。


同伴(一緒にラーメン食ったり)してたら時間の無駄だが、休みの日に、ゴルフに行ったり、酒を飲んだり俺はやっていた。



釣った魚を、わざわざ自宅まで届けて、一緒に食ったりもした。



そこには運転手と客、という関係ではなく、また、男女の関係とは違う「絆」が生れてくるのである。


夜の世界では黒服とお客様の関係になるのだろうか?

たしかに、人気のある店は、黒服が良い。

自分の話しばかりしているバカな女性と飲むよりも、黒服と飲んだほう楽しい店は、固定客がわんさか来る。




タクシーで夜自宅に帰るお客様を乗せる場合は、最高の一日の締めくくりを出来るように努力しなければならない。







最近、ドライバー当時お世話になりまくりすぎたお客様と飲んだ。



自分を電話で呼んでくれる前につかっていたドライバーが裏切った時の話とかも聞かせてもらった。


簡単な理由だった。
金額で仕事を選ぶようになったんだって。



客は、タクシードライバーという人種を疑う人は多い。


自分も22歳の時に、


客「坊や、なんでタクシーなんかやってるの?」


の言葉はあながち嘘ではないですね。



けど、乗る側にとっては、毎回道を説明するのが面倒で、特定のドライバーに乗りたかったり、泥酔でいつも警察署で目が覚める人とかいくらでもいるわけで。






結局は簡単なことです。



企業のお偉いさんとかは、何十人、何百人という人間を一瞬で見極める力を持っている人も多いですし、ちょっとした嘘なんか、前を向いて運転しながらしゃべっていても、すぐわかっちゃうわけですよ。



大げさな接客、


おしゃべりな接客、


客を乗せているとは思えない運転、



乗った瞬間に勝負は決まってしまうのです。



毎日ロングの距離に帰る人に限って、「たまに乗るくらい」なんてフェイントかけられもしましたが。


逆に「毎日乗ってるよ。今度電話するから名刺ちょうだい」なんて軽い調子で言う客に限って全然電話が来なかったり。







簡単なことです。




素直な自分でお客様のために接するだけでよいのです





名刺を作る前に実は初めてのお客様がいました。




22歳の時に一人で休みの日に池袋の結構静か目のROCKBARのカウンターでどうしようもない話をマスターとしていたら、奥の席に、華やか目の30代半ばの女性が座っていたのです。




女性「君、タクシーやってるの?」





なんて始まりだったのを今でも覚えています。



実はとある繁華街では有名な売り上げ制のホステスだったのです。
もちろん客層は政財界から、工場の親父まで多種多様。



夜だけではなく、自分で事業もやられている(夜ではない)すごい女性だったのです。



そこからの広がりは大きかったです。



その大物女性が言っていたことが、今でも教科書の太字になるような内容だったのですが、



おねえたま「素直に接することが一番大事なんだよ。売り上げは後から付いて来るんだよ」








結局こういうところに落ち着きます。










あっ、大事なこと忘れてた




そういう面倒くさいことするのがいやだからタクシーをやるのがほとんどだった事を・・・・




▼新タクシー用語



〜新タクシー用語〜

勝手に身近な人だけが使っている言葉です。




脳梗塞(のうこうそく)ーーーー高速に乗らないドライバー(NO高速)



例「あいつらみたいに脳梗塞で人生(今日の仕事)終わっちゃいそうだよ〜〜」






2軍ーーーー顧客を持てないでおこぼれをもらって食っているやつ
:同義語 マイナーリーグ



例「あの、クソ仕事、2軍にまわすか(悪)」







木下スペシャル(きおろしすぺしゃる)ーーー千葉ニュータウン系の場所でよくある、千葉北とかでは行けない、原木降りの長い木下街道(きおろしかいどう)での時間のかかるロング。稼ぎ時の時間だとキツイ。



例「木下スペシャル2回もやって疲れたから、会社に帰るわ〜〜」







○○じじいーーー団塊の世代系で仲間のドライバーの常連客はみんな名前の後に「じじい」が・・・



例「高野じじぃ、今日も寝ながら屁しやがったから、高速160kmのまま窓全開にしたら起きやがったぜ」









ペニバン(ぺにばん)ーーー女性ドライバーでも可愛くなかったり、気が強い女はみんなペニスバンドをつけている、と勝手にみんなで決めた。



例「あのペニバン、今日も8万やってきてるよ〜〜。」









他力本願寺ーーー読んで字のごとく、そこの住職、または尼さん。



例(元ヤクザドライバー)「うちの寺(他力本願時)はTAXOちゃんのお布施がないと経営苦しいよ〜〜〜」









刻みやがるーーー売り上げが思うようにあがらず、会社に帰らないといけない時間も近くなり、予約の電話もなくなった途端、異常にテンパッちゃって流しで辺りかまわず乗せまくる行為



例「またあいつ刻みやがって。。。無理やり5万にしてるよ」








お迎えーーー年配のドライバーが夜中に死んだように寝ている姿


例「4242号車、電通通りでお迎えが来ちゃったみたい・・・」






とか言っていたような昔の記憶が・・・・・
 
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
★入札が多い★

☆ランダムに良さげな車☆(F5で色々見れます)