20代の元不良ドライバー「回送」録。15,16年は1000万越え。17年は事故で保険金ウハウハ。18年まで散々暴れて引退。効率良く稼ぎ、効率悪く出会い系で。低脳ですので誤字脱字はあまりオナしません、

元年収1000万タクシードライバーのすべて

TOPRSS
トップ 200712
 

▼錯覚



ずっと中心を見つめてから他の場所を見ると錯覚が起きるやつですが、うちにあったCDサイズの回転できるやつを友達にあげてしまい、必死に探していましたが、結局ネットで見れました。




7分37〜38秒あたりの女性はイングヴェイマルムスティーン確定。



ヤンキーの女性とばかり付き合っていましたが、ソバージュは当時からダサいかな、と思いました。みっちょんへあーって言ったっけ?
この映像の中に当時付き合っていた女性にすごく似ていた声の人がいるのは錯覚だったのでしょうか!?





顧客もいない22歳の頃、必死に街を走りながら左側を見ながら必死に客を探していたが、全然拾えない。


なのに都心から下る道には、客を乗せているタクシーがずらり、と走っている。



そのうち、錯覚を起こし、客と間違えて、路上に転がっているビニール袋まで客に見えてきたりしてくる。



道を歩いている人間は全て客に見えてくる。




この仕事をしていればだれもが思うことだろうが、「向いてないのかなあ、この仕事」と。



そしてくたくたになって会社に帰ると2時間も走っていないまま、休憩したと思われるドライバーが2万円の客を乗せた、とほざいている。



悔しくて次の出番で必死に走ってみたが、やっぱり上手く行かない。

20時間のうちに休憩はたった30分の食事だけ。


売り上げは6万円にも届かない。



2万円の客など、街にいるのだろうか?


その後も、全然いい客が乗せられず、アルバイトタクシードライバーにしては8回の勤務だけで手取りで20万円以上になるので十分であったが、出来ればトップの売り上げをやりたい。



しかし、来る日も来る日も乗せれば、近場。



もう疲れ果てて、腰も痛くなり、またもや遠くに見えるは客かと、錯覚を起こし、必死にたどり着けば、警官の偽看板・・・・



その日は都内には少ない小型タクシーに乗っていたので、新宿の小型専用乗り場に夜12時半頃に並びながら疲れを取っていた。



全然休みの日で人がいなく、もうだめかな、と思ってやっと先頭になったのは25時。



TAXO22歳「はい、どうぞ。」



客「あのぅ、そこ(新宿インター)から乗って東関道の佐倉いいかな?」



当時、場所も良くわかりませんでしたが、あっさり2万円越える客がこんな場所にいました。。。



それからというもの、駅の終電ばかり狙って並んでみましたが、全然ろくな客がいない。。


すると同じ会社に夜からしか乗らないで、普通に5万円以上やっている人がいるではないか!!



それもこっちは40回も乗せているのに、あっちは4回で5万!!??


またもや目の錯覚かと思いきや、本当に4回しか乗せていない。


それも乗せている場所の全ては駅でもなく、繁華街でもない。




そんな場所に客がいるのか?という場所ばかり。




そして夜専門になって結局社員になって、正式にサラリーマン?いや、運ちゃんになったわけですが、結局、夜の仕事のやり方を教えてくれた人は、失踪してしまい、錯覚だったと思います。

▼55kmの法則


リズムが全然わかりません。







知人が都心でタクシーに乗ると、ドライバーは徐(おもむろ)に、バックミラー越しに、話しかけてきたといふ。



ドライバー「お客さん、青梅街道の55kmの法則って知ってます?」



知人(どうでも良い、眠たいのに)「はい?えぇ?なんですか、それ?」



ドライバー「この青梅街道はね、空いててもどうせ信号に引っかかるんですよ。、それがね、55km程度で走行することによって、スムーズに走れることが多いんですよ。」




時間はもう夜中。


他のタクシーは青梅街道下りを直進80km〜くらいで突っ走る。
早く降ろして、次の仕事に行きたいからだ。


警察も何も関与しない。
一般車両は、ただただ抜かされていくばかり。


新聞をごっそり積んだ「PRESS」のマークのあるトラックだけが、暴走タクシーと同等の張り合いをする唯一の車両。

やつらも神経張り詰めている(てむぱつちゃつてる)ドライバーが多い。




そんな中で「55km」促進ドライバー。


結局つながりは良くても、どんどん抜かされていく為、後尾になってしまった。




けど、信号待ちで停止している時にもメーターは進む為、停止時間が少ないこのドライバーの走り方は、燃費にも良く、20kmも走ればずいぶんメーターが安くなっているのかもしれない。




そんななか、僕は、


TAXO「高速代サービスしますんで、高井戸まで乗ってよろしいでしょうか?」


と、一般道仕事の時間ロスを非常に嫌い、朝3時30分ぴったりに電話がかかってくることが多い、18000円の客の時間に間に合わせる為に、少々急いでいた。



客「高速だと金額が・・・・」



TAXO「ではいつもと同じ料金で行きますから、高速に乗って、よ・ろ・し・い・で・す・ね?」





それくらい、割増時間の終わりに近い朝5時までのロング客というのは宝でした。


夜中の2時以降にロングの客を乗せようと繁華街を走っても、ほとんどの乗客は個人タクシーに乗っていってしまいますからね。







昨日(12月21日)の出番の方は客が溢れていて大変だったのではないでしょうか?


私、とある中央線の駅近くにおりましたら、夜中の2時なのに、寒いところタクシー乗り場に人が50人くらい立っておりました。







〜ドライバーの心境〜


普段乗らねえくせに、こんな日に限ってみんな乗るなよ。




だと、思います。



現役時代の僕の場合ですか?

みんなその辺の客を乗せちゃって、配車が間に合わなくてキャンセルしなきゃならないのが辛い、でした。




12月28日を過ぎれば、ドライバー達の氷河期。

結局、トータルでは給料って全然変わらないのですよね・・・





▼禁煙タクシーの近況

200712111133092
20071211113309
この車両で個人でやられている方はカッコ良いと思いますが、HEMIエンジン5700CCの人はさすがにいないようですね。

携帯から更新中。

現在関東を離れて北(挑戦)出身の外国籍の女性の自宅に向かう途中で眠くてダウンしている所です。

出会い系ではないですが、別でやっている自分のブログで出会ってしまいました。

ありがとうDDTブログ!いやDTIブログ!!
ありがとう山G!
山G親衛隊長TAXOより。
今度日本で遊んでください。

今日本はウーパールーパーブームと、サモハンキンポー死亡?のニュースで大騒ぎ!?

日にちは忘れましたが(いつからでしたっけ?)、東京でも禁煙車両ブームが。

タバコを吸いたいから乗る人も多いのにねぇ。

たまに地方のタクシーに乗ると、灰皿の上から汚くガムテープで貼って開かないようにしてある車両も。

ドライバーの方に色々聞いてみたら最近は仕事を辞めてしまうケースも多いようだ。

客が乗っていなければ自由にタバコが吸えるこの気楽な仕事は、愛煙家にとって最高の仕事。

ロングで一儲けしたあとに見知らぬ地で立ち小便(赤痢)をしながら一服するタバコは最高の味であり。

最近の駐車禁止の監視員のせいで、トイレのある公園近くでコンビニの弁当を食べて一服している姿が急増。

駅前でタバコを吸うだけで罰金とられたり、狂ってる。

乗り場に並びながらタバコを吸うことも出来なくなり、もう愛煙家の居場所は無い。

自分もかなりタバコが好きで、二本同時にくわえちゃうくらい(おおげさ)なので、どのみちドライバーは辞めていたでしょう。

個人タクシーになれるまで、年齢制限(35才以上)のせいでまだ何年もかかりましたしね。

ちなみにドライバーを辞めたあとの一番の就職先は警備員、とのこと。

次に清掃業。

なんだか「引退後」的なお仕事がメインになってしまいますね。

運転しかやっていないと足腰もおかしくなってきますし、体力も衰える一方ですからね。

いまさら力仕事など無理で。

残された人生、華やかに生きてみたいが、今更冒険する気も無く。

そんな人生が嫌で早めにタクシーを辞められた自分は幸せかな?と思いながら生きております。

鼻毛が伸びてきたのでこの辺で。

ファンレター、苦情、ウリ、密売(何の?)、出会い、中古車、旦那が出かけている昼間がヒマ、タクシーをやってみたい女性ドライバー希望者で手取りす、足取りす、栗取りす(ハゲオヤジ調)などの方は
vat69beck@yahoo.co.jp
まで。
TAXOが、マメに返信いたします。

外国のスパムとサクラ出会い系メールのせいで、1日200通も来ていますが、タイトルに「タクシー」などと書いていただければ。
 
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
★入札が多い★

☆ランダムに良さげな車☆(F5で色々見れます)